行政書士の資格を取るための試験内容の変遷

by admin

資格によって違う試験内容

資格試験もその試験によって内容が違います。計算を要し答えを出させる問題を出す資格であったり、また記述問題であったり、実務として製図をさせたりするもの等様々です。しかしそれらも資格取得のための勉強をおこなうことで取得可能なものが多いです。そのような資格の中で人気のある資格のひとつに行政書士があります。しかしこの資格取得に関しては、以前はその試験内容から苦手とする人も多くいたのです。法律関係の選択式の問題以外に記述問題があったためです。


行政書士試験の小論文が苦手

その記述問題も小論文です。その中の話題になっていることに関しての設問がありそれに対して論じるのです。受験者の中には法律や一般常識といった選択式の問題については何度も繰り返して勉強をして自信を持って臨む人が多くいましたが、小論文については一種、水ものの試験とも考えられていて設問の内容によっては、まったく論じることができない、記述できない人も多くいたのです。しかし行政書士の業務内容から小論文が書けないからといってその業務に支障になることも少なくこの部分は変更されたのです。


勉強すれば報われる記述問題

記述問題は小論文から選択式の法律に関する分野において、短い文章によっての説明をおこなわせる設問に変更になったのです。これによって勉強することで設問に対し記述して回答することができるようになり、勉強することが報われるようになったのです。記述に関して、設問のポイントを正しく把握して記載できているかが重要になり自分の考えや意見を論じることがなくなり、小論文が苦手としている人も多く受験するようになったのです。



行政書士の試験は非常に難易度が高い国家試験です。受験資格には大卒や短大卒などの高学歴が条件になっています。

Comments are closed.