いかなる借金トラブルを最後までバックアップしてくれるのは弁護士のみ

by admin

法律家の最強は弁護士です。

日本に法律家は行政書士や司法書士など多く存在しますが、最強なのは弁護士です。近頃は司法書士が借金や過払い金についてテレビCMを流していますが、これらは総債権額が140万円以下に限りしかも認定司法書士だけが行えます。総債権額が140万円なら普通自動車1台分ですから、返す気になれば学生でも返せます。ただし、高利貸しに借りていると元本が減らず法外な利息を支払わされるので、専門の法律家が介入する必要があります。


弁護士は最後まで依頼者を見捨てません。

借金トラブルに対応できる専門の法律家は、司法書士と弁護士になります。行政書士は行政書類を書くのが仕事で、借金トラブルを相談しても拉致があきません。司法書士も認定司法書士であれば、債務者に代わって債権者と返済に関して交渉ができますが、単なる司法書士であれば書類は書くが交渉は債務者本人がしなくてはなりません。認定司法書士でも総債権額が140万円を超えると後は債務者と債権者で話し合ってくださいと箸を投げる結果になります。


返済不可能な債務者から取り立てる債権者も辛い。

もし、お金を借りた人が返せなくなったから第三者に任せて自己破産などをするとなったら、お金を貸した人は堪ったものではありません。法定限度を超える高利貸しは当然違法ですが、その違法な高利貸しに借りたのは債務者の落ち度、また、一時的にもお金を借りられたことで救われたのも事実です。助けてもらった高利貸しに返済出来なくなったから後は第三者に任せるとなれば、高利貸しも黙ってはいません。違法な高利貸しをするような輩は、暴力沙汰になることはお構いなしという者もいます。高利貸しにもお金を借りる金主がいます。金主が非合法な者であれば、借りた高利貸しもただでは済みません。警察は、ご存知の通り事件が起きなければ動いてくれません。そんな時、唯一頼りになるのが弁護士です。借金トラブルの経験を多く持つ弁護士であれば海千山千、借金トラブルが安全に解決できるようバックアップしてくれます。借金トラブルを抱え弁護士に依頼した者の多くが、もっと早く弁護士に相談しとけば良かったと答えます。債務者だけでなく債権者も救えるのが弁護士です。



弁護士が依頼人の弁護に失敗したときに依頼人から訴えられる場合があります。その場合に弁護士に賠償責任が発生したときには、弁護士保険から賠償金が支払われます。

Comments are closed.