難しい試験に合格してなりたいと思う弁護士の仕事とは

by admin

弁護士になりたいと思う志

弁護士になるために、多くの人は大学の法学部で勉強をして資格取得のための試験を受けます。しかもその試験の難易度は高くごくわずかの合格者しか輩出しない難しい資格のひとつです。そのために専門学校に通って勉強したり、法科大学院に通ったりと非常な努力をします。そして多くの人は困っている人を弁護して守るためになることを想定しているのですが、実際に弁護士になった際には原告人以外にも被告人の弁護士になることがあります。


周囲から非難を浴びることもある弁護士

一生懸命に勉強をして難しい試験に合格したにもかかわらず、世間一般から見て悪いと思われる人の弁護も担当するために、周囲から逆に反感を買うこともあります。時には嫌ないたずらされたり、変なものが事務所に届いたり、またそれが自分の家族に及ぶことがあります。仕事とはいえやりきれない気持ちになる弁護士もいたりします。そのためにそのようなことを避けるために、依頼された弁護を選択する弁護士も多くいて、困っている人を守るために弁護士になるという初心の志を忘れる人も多いです。


最終判決まで正当性を訴える弁護士の仕事

弁護士は決して世間一般から正しいと思われる人だけを守るものではないのです。原告と被告と両者ともに守る立場になることがあります。それぞれの立場から正当性を訴えることが弁護士の仕事であり、それが正しいか正しくないかを最終的に判断するのはあくまでも裁判所です。最終的な判断を下す過程において、どれだけ依頼者を守ることができるかが弁護士の仕事であり、それぞれの立場になって法律の知識を駆使して訴えることが弁護士の仕事です。



鹿児島の弁護士に法律相談を依頼する場合には、予めきちんと報酬額の相場をチェックすることが欠かせません。

Comments are closed.