スキルアップしたいあなたへ!~『通信制大学』について知ろう~

by admin

まずは、目的を持つことが大事。

全国の通信制大学の平均卒業率は、なんと約15%。非常に低い数字ですね。勉強のやり方がわからないときに教えてくれる人がいない、仲間がおらず勉強するモチベーションを維持するのが難しい、などが理由にあげられています。また入学試験が無いため、学力不足で勉強そのものについていけず科目試験に受かることができない学生もいるようです。このことから分かるように、通信制大学を卒業するためには明確な目的を持って入学し、強い意志でこつこつと勉強を続ける努力が必要なのです。『大卒の資格が欲しい』『教員免許を取得したい』『○○の国家試験の受験資格を取りたい』等、まずは具体的な目標を持って大学選びをすることが大切です。


通信制大学の授業方法をチェック!

通信制大学での授業方法はいくつかあります。『テキスト履修』…テキストを読みレポートを書いて、試験会場で筆記試験を受ける方法。『スクーリング履修』…大学や地方会場で講義を受け、その後筆記試験やレポート提出で単位認定を受ける方法。『インターネット履修』…インターネット視聴で学習し、レポートや課題の提出がある科目はインターネット経由で提出することも。『実習科目』…教員免許等、各種資格をとるために必要な実習です。多くの大学は、これらを組み合わせて必要な単位を履修する仕組みになっています。大学により、自宅近くにはスクーリング会場が無かったり、インターネット履修に力を入れている学校であればパソコン環境に指定があったりと、学習条件が様々です。資料を取り寄せて、自分に合った学習方法で勉強できるかどうか確認することがとても大事です。


ハードルは『スクーリング』と『科目試験』。

通信制大学を選択する人の多くは、働きながら学びたい社会人や育児中の主婦など、自分に使える時間が限られている方ですよね。通信制大学で通学が必要なのは『スクーリング』と『科目試験』ですが、大学によってはインターネット履修が充実していてスクーリングがない大学や、試験もウェブ上で受けられるシステムのある学校もあります。自宅の所在地や経済的な理由などで、できるだけ通学しないで済むほうが助かる!という場合は、自分の目的(資格取得等)を達成できる大学で、さらに家庭で学習できる環境が整っている大学を探すことがとても大事です。まずは情報収集から始めてみましょう。あなたに合った大学がみつかるといいですね!



社会人になってから大学に行きたいと思い始めた場合、そういう人のために通信制大学というものがあります。

英語の教員免許を通信を探す

Comments are closed.