クレジットカードの審査方法と重要視すること

by admin

申込者が確実に返済できるかどうかを確認

クレジットカードを申し込むには、ショッピングやキャッシングを利用した場合に、確実に返済できるかどうかが問題となります。カード会社側では、スコアリングシステムと言われる、統計的なシステムを使って、申込書の確実性や勤務形態、収入等や、他社での借入とクレジットカード履歴からクレジットカードを利用しても問題のない人物かどうか判定をします。近年ではシステムを使った自動判定が主ですが、新卒や転職等で勤務期間が1年に満たない場合、提出時の居住期間が短い場合には、審査員が確認して判定することもあります。一般的にパートやアルバイト勤務、自営業よりも会社員や公務員の方が、継続した雇用が見込まれるために、安定的な収入があるとみなされ、基準点が高くなります。


在籍確認がある場合は

年収の割に借入額や利用額が多かったり、申込書の情報に疑問な点がある場合は、勤務先に在籍確認の電話がある場合があります。社会人になって初めてクレジットカードを作る場合、転職後の勤務期間が短い場合にも、確かに在籍をしているか確認を取ることがあります。クレジット会社名を名乗らず個人名で電話がかかってきますが、特に心配することはなく、簡単な生年月日等の質問で申込者本人と判明すればすぐに終わります。営業等で社外に行く機会が多い場合も、同僚が席を外していると言って応対すれば、確実に勤務していることが分かるため、それ以上の審査はありません。


キャッシングを申し込む際の審査と必要書類

クレジットカードでキャッシング枠を設定したり、増枠申請を行うには、所定の審査が必要となり、収入を証明する書類の提出が必須となります。会社勤務なら源泉徴収票、個人事業主なら確定申告書が該当します。安定した収入のない学生や専業主婦、借り入れ契約が認められない未成年者はキャッシングの契約自体が認められません。また、クレジットカード会社は貸金業にあたり、貸付をする場合は、他の金融機関と合算して年収の3分の1以内を借入限度額とすることが定められています。他社での借り入れがある場合は、残高を減らすまでキャッシング額を増やす申し込みは控えたほうがいいでしょう。



クレジットカードの審査では、年収が重要なことはだれもが知っていますが、過去のクレジットカードや携帯電話の利用実績も見られます。過去に延滞をしている人は要注意です。

Comments are closed.