介護の専門学校について

by admin

介護の専門学校の必要性

介護業界で行っている介護業務は、家庭で家族が行っている事の延長線上にある、介護の代行をする事なので、未経験者でも働きたい意欲があれば、就職が可能です。就職後に働きながら介護の資格を取得する事も可能です。それだけに、現実的には介護の仕事に従事している人々は、言うなれば全くの初心者からスタートする人と、専門学校などで、専門的な教育を受けて来てからスタートする人では、知識、技術の差が生まれ、業務の習得状況などが大きく変わってしまうのが実情です。


介護の専門学校で学べる事

介護業務は家族が行っている介護の代行を仕事として行う事です。言うのは簡単ですが、実際には専門的な知識、技術も当然要求されます。専門学校では、介護を必要とする利用者様とは、どのような方々なのか、介護とは何かという基本的な知識をまず学びます。加えて食事介助、排泄介助、入浴介助の訓練を行い、実際の介護現場へ実習に出向き、技術の習得をする事ができます。これらは、介護福祉士という国家資格を取得するための勉強・実習となります。


介護の専門学校のメリットについて

介護の専門学校と職業についてですが、介護業界は就職後、経験なしの状態からでも、介護に関する知識、技術を習得しながら、3年間の実務経験を積み、その後に介護福祉士の国家資格を取得すれば、専門性が認められ、多くの職場では資格手当を受け取る事ができます。専門学校を出るメリットとしては、卒業後に介護福祉士の受験資格を得ることができ、合格後に資格をすぐに取得する事ができます。基本的な知識、技術は既に習得しているため、就職にも有利で、即戦力として求められる人材となる事ができます。介護業界では、専門学校卒の人材はどこの施設、職場でも重宝されます。



ヒューマンアカデミーは全国19か所にあり、就職してすぐに使える技術を身につけることができるカンパニースクールです。将来就きたい仕事や、働きたい業界が既に決まっているという人におすすめです。

Comments are closed.